*

バレエ

バレエ用語の説明

ロンデ.ジャンブ.アテール

ロン(輪)ジャンブ(脚)アテール(地面)つま前で円をかくように動かしていく。

足のつけ根から、大きく回しながら、半円を描きます。上体を引き上げながら、軸足が動足にとられないように、意識する。
前、横、後のタンジュの出す位置を繋いで、遠くを通りながら半円をかきます。(アンデオール)
後、横、前に半円をかく動き。(アンデダウン)

フラッペ

フラッペ(たたくとか打つという意味があります)シュルクドピエに動足を用意して、爪先で床をたたくようにして、蹴り出します。
前のフラッペ、動足をシュ-ル・ル・ク・ド・ピエに(軸足の前のくるぶしに動足のかかとを)付けます。動足はフレックスもしくはつま先が床についています。(流派によって違う)そこから、指のうらで床をすりながら前にだして、蹴った瞬間つま先を伸ばします。出る位置は、ジュッテの位置ぐらいです。つま先を伸ばし切ったらシュ-ル・ル・ク・ドピエの場所に戻します。
後ろのフラッペは動足をシュ-ル・ル・ク・ド・ピエに(軸足の後ろのくるぶしに動足のかかとを付けます。出し方は前のフラッペと同じです。出す位置は後ろジュッテの位置ぐらいに出し、シュ-ル・ル・ク・ド・ピエに戻してきます。
バッチュ
バッチュ(足を打ち合わせること)飛ぶパにバッチュを付けると足を打ちつける動作をたす。例えば、アッサンブレバッチュやジュッテバッチュなどがある。アッサンブレに打つのをプラスしておりてきます。ジュッテも同様です。
バッチュリーは打つパの総称です。

プリエとタンジュについて

プリエ(折りたたむ)両足か片足の膝を曲げる動きのこと。曲げる深さによって、ドゥミ・プリエとグラン・プリエがある。

ドゥミ・プリエ(半分のプリエ)
両足をアンデオ-ルして立ち、膝と爪先が同じ方向に開いていく。かかとが上がらないギリギリまで、膝を曲げていく。

グラン・プリエ(大きいもしくは深いプリエ)
ドゥミ、プリエを通過して、かかとをはがして下までいきます。戻ってくるときは、かかとを押してドゥミプリエを通って、内腿もを近付けて、膝がのびてきます。(足が2番ポジションの時だけは、かかとを上げません、床に付けておきます)

 タンジュ
タンジュ(ピンと張る、張りつめるの意味)
両足にかかたっていた体重を軸足に乗せ、同時に片足を膝を曲げずにピンと張ったまま出します、その時甲がのびきっています。


ここでは1番ポジションスタートのタンジュを説明します。
前のタンジュはアンデオールしたままかかとをすり出して、土踏まずを持ち上げてドゥミポイントを通過して、かかとを真上に持ち上げて、ポイント。足を出す場所は、かかとの位置です。
戻す時はこの道順を通って帰ってきます。ドゥミポイントを通過して、土踏まずが降りてきて、かかととかかとが合わさります。
横のタンジュは1番ポジションの延長線の所に出します。
後ろのタンジュは、出す場所はかかとの位置です。
ポイントは、足が床から一度も離れません。しっかりと床を足の裏ですり出します。ドゥミポイントを通って、土踏をお越しながらきとを戻してきます。

クレジットカード現金化