*

ショッピング枠現金化に注意

クレジットカードには、買い物に利用できるショッピング枠と、お金を借りることが出来るキャッシング枠とがあります。通常、買い物のみ利用可能なショッピング枠を使って、お金を貸し付けるショッピング枠現金化という商法が問題視されています。
お客にショッピング枠を使って買い物をさせ、その商品を価格の何割かで買い取り、現金を貸し付けるというものです。その差額は、貸付業者の利益となります。クレジットカードには利用限度額が設定されているので、借りられるお金も決まってきます。それ以上にお金に困った人たちが、簡単にこのサービスを利用するケースが多くみられます。これは、事実上の金融業者であり、法的に違法です。もちろん、カード会社の利用規約にも反することであり、カード利用取り消しの処分を受けたり、会員を取り消されることになります。ショッピング枠現金化の業者が逮捕されたケースもありますが、利用者もまた、横領罪や詐欺罪など、罪になる場合もありますので注意が必要です。カード情報を盗まれ、悪用されることもあり得るでしょう。
ショッピング枠現金化によって現金を手にすることが出来ても、その後ショッピングローンは自分の手元に残るのです。その場しのぎで簡単に手を出してしまっては、後々大変なことになるでしょう。債務がますます膨れ上がることにもなります。消費者庁も注意を呼びかけています。違法性をよく理解して、安易に手を出すことが無いようにして下さい。

http://www.card-katsuyo.com/



コメントする


クレジットカード現金化